Microsoft RDS

Windows Server System

リモートアクセスシステム

製品の特長

Windows Server RDS機能

RDS(リモート・デスクトップ・サービス)により、サーバー内にユーザー毎のデスクトップ環境を構築。 時間と場所を選ばずネット 環境さえあれば、Windows・Mac・タブレット・スマートフォンなどあらゆる端末からWindowsが利用可能に。

安全性・耐久性

サーバーにUPS(無停電電源装置)を標準装備。停電時に自動でシャットダウンを行います。 2台のHDDを標準装備したRAID1(ミラーリング)を採用。

保守・サポート

ハードウェア保証に加えHDDの監視機能付き。リモートサポートも対応。

ワークフロー改革

RDSサーバーシステムは、業務の効率化にとどまらず、新しい価値の創造のお手伝いをします。

主な機能

先進の仮想化技術とリモートアクセス機能、ビジネスの形を変えていきます。

製品仕様

RDS Server仕様
名称RDS30
CPUIntel Xeon Processor
メモリ64GB
ストレージ2TB+8TB RAID1
OSWindowsSever2016 Std
リモート接続 ※最大30クライアント
本体寸法98mm X 399mm X 340mm
質量約10kg
※接続台数に応じて別途クライアントライセンスが必要です。